ペれほぬあめあハワイ島プナraw自然生活


ハワイ島プナでのワイルドオーガニックな生活日記。
by eleelehina
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ホームスクール、その後

8月にホームスクーラーになると決めてから5ヶ月。


昨日もいろんなお母さんに聞かれたけど、「いい感じ。」です。



なんたって、ゆっくり〜。マイペース。朝の「起きて〜!食べて〜!いってらっしゃい〜!」
の無理矢理起こしてぼーっとしている娘を学校に送ってのストレスの恐怖が無くなった。

朝はゆっくりハッピーに過ごしたい。
犬のお腹をマッサージしてラブラブの時間を過ごしたり、お庭の木と対話したり〜。




学校から籍を抜いて、さあ、どうしよう。。と不安になったりしたけれども、
探したらいっぱいある、プログラムが。無料で。



パソコン学習系が主なところをこだわりで自分で鉛筆持って書き込むファイル方式がいいな〜。
と近所のチャータースクールに電話してみたら、

ファイルを用意してもらって、点検のために週に1回近所の車で30分の近所の街に先生に1時間会うというプログラムがあるとのこと。(チャーターなんで、無料)

なかなか良いではないか。。。最初は公文のドリルとかアマゾンで買おうと思っていたところ。あと、シュタイナーの高い教材も頼もうかなあ、、、とも思っていたし。。。(シュタイナーのスペリングの教材は今でも欲しいけど、ちょっとこなす時間がないかも。。。)


申し込んで2週間ぐらいしたらプログラムの先生から電話があった。



先生に会いに行くととっても笑顔の素敵なアイリーン先生。そしてスーパー優しく、典型的な優しいおばあちゃん先生という感じ。

d0154980_151642.jpg


最初は喜んでファイルをこなしていたけど、だんだん新鮮味が無くなって問題用紙と向かうと嫌がる娘。手を変え、品を変え、なかなかスペリング出来ない時は、スケートしながら、1輪車をこぎながら声に出して覚えたり。。。でアプローチを変えてみると、のり乗りになってから面白い。文字を綴るのが面倒くさくて嫌がる娘も、フラッシュカードにして、裏に絵を描かせるとハマる。という事を発見。(絵を描くのが好きな娘。)同じ文字でも自分の持っているイメージを越えた物が出て来て、自分の娘を「凄い!」ってまでも感心してしまう。




毎日が発見。
d0154980_8444389.jpg
教室に居たら、ぼ〜〜〜〜〜。で過ごしてしまう娘にはコレで良いのかもしれない。
18人も居たら先生、見てられないものね。(日本だったら生徒数もっと多いだろうけど。。。)

もちろん、クラスの中でしっかり手を挙げて発言している生徒もいましたよ。。。
そういう子供なら、全く学校でも良いのですが〜。
ま、本人が頑に行きたがらなかったから、ね。

子供の個性、親の個性、家庭環境も十人十色ですから、それに合わせた受け皿があるのはアメリカの良い所だと思いますね〜。

(←ファイルで一輪車に乗りながらお勉強中。算数、英語、スペリング、発音のファイル。ファイル以外に社会とサイエンスの本をもらった。)





「明日はアイリーン先生に会いに行こうね〜。」

って昨日娘に言ったら、

「やった〜〜〜〜!!!!あ〜〜〜。もう絶対前の学校には戻りたくない。ちょっと友達が恋しいけどね。。。あのH先生には二度と会いたくないね。。。」


と感慨に耽っている。子供なりにも色んな事があるんだね。


近所にホームスクーラーがいっぱい居て、子供たちを学校に行かせないなんて、子供かわいそうじゃん。。。なんて思ってたけど、家にいた方が幸せってこともあるんだな。。




アメリカのハワイ島の田舎では結構ホームスクールは当たり前。d0154980_95052.jpg
通学も結構遠くて大変だしね。




家庭の状況、環境、子供たちの個性、年齢もいろいろですから。。。
それぞれの家庭、子供にあった教育システムがあるというのはありがたいですね。。。。

(←近所の友達とフラのクラス、コスチューム選びもかなり時間がかかる。。まじめにしてた時に写真撮るの忘れていた。。。)



我が家は家の裏がサーカスクラスで、歩ける距離に子供たちがいっぱい居て、(しかもホームスクーラーがいっぱい。)子供の社交生活にはちっとも困らないありがたい環境。




私が日本の教育現場で働いていた時は1クラスに一人は必ず学校に来ない子供たちが居た。
よく家庭訪問していたんだけど、子供たちは家に閉じこもりっきりだった。今はどんな状況なんでしょうかね???
ちゃんと受け口があるのかな?


うちの娘見てたら、ミヒャエルエンデの「モモ」を思い出す。
スーツケースを持った時間泥棒(だっけ?)に時間を盗まれないようにね。。。


お母さんは日本で働いてた時は、スーツ着て(働いていた中学校の校長先生がスーツ着用!って言ってたからね。)通勤電車に乗って、全くの所時間泥棒だったよ。。。
ここにいると本当に自分の持っている既成概念がトローリと変わって行くよ。。

d0154980_1514538.jpg


「アイリーン先生に会いに行くよ!」と言ったら、娘の選んだ服装はコレ。友達が貸してくれた、白雪姫もどきのコスチューム。学校に行くんだけど、、、自由で良いね。


自由万歳!!



1ヶ月のマウイ旅行もちゃんと1ヶ月分のファイルを先生は用意してくれた、
このシステムの唯一の短所は1週間にこなす量を決められて遊びすぎてこなせなかったら、ちょっとプレッシャーな時もある。でもチェックしてくれる人が居ないと、きっと遊びだけで1年間が終わっているのかも、、、(それでも良いのだけど〜)。


あと、先生にファイルをこなすテクニックを教えてもらって、親子共々、ファイルに対する心構えが変わった。今は娘は結構ファイル好きになっちゃった。昨日は私が、「今日はコレで終わろう〜。」と言ったら、「明日遊びたいから、今日は10ページする。」とのり乗りの娘。コレにはびっくり。
その時に必要な教材。本。アドバイスをくれるから嬉しいし、娘も本が読めるようになって嬉しいみたい。晩の寝る前、朝起きた時にベッドの中で声出して本読みしてる。


押しつけでなく、ゆっくり自分たちのペースで出来るのがホームスクールの良さかなあ。。


娘自体も、前までは身体が少し緊張している状態だった(本人は集団が苦手)けど、かなり身体の力が抜けてリラックス〜。で、すんごく性質が変わって来たな〜。良いように。。。

満喫してます♥
d0154980_994953.jpg

[PR]
by eleelehina | 2011-12-08 13:17 | ホームスクール
<< 昨日は亀とお昼ね♥ 最近の趣味 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧