人気ブログランキング |

ペれほぬあめあハワイ島プナraw自然生活


ハワイ島プナでのワイルドオーガニックな生活日記。
by eleelehina
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:エネルギー( 3 )

自分で電気つくってみる。電気の話。

もう誰にでも頼るでもなく、自分で電気つくってみる~!!!という方。
良い情報がはいりました~♪


ここです。


ソーラーパネルの作り方。http://www.youtube.com/watch?v=vmwI0sasjEE。講習会もやっているみたいですね。




国際NGOソーラネット 代表桜井薫さん。http://www.shibuya-univ.net/professor/detail.php?id=70。


こんな人です。↓ かなりいい感じ。本も出されているみたいですね。




1950年新潟県生まれ。原発嫌いが嵩じて、いつの間にか太陽光発電を中心と した自然エネルギー関連の工事等を仕事としている。1993年原発輸出の計画のあったインドネシアに太陽光発電の技術移転を始める。この過程で手づくり太陽電池が完成する。インドネシアでは現地のNGOが組み立てた太陽電池で、未電化地域の電化が行われている。現在、埼玉県小川町在住。自然エネルギー事業協同組合レクスタ理事。NPOふうど副代表。口癖は、「草の根のエネルギ-屋さん」「地域の自立」。生ごみを資源化する、メタン発酵槽へ生ゴミを投入した後飲む冷たい地ビールは、未来が見えて最高。主な著書に「だれにもできる太陽光発電の家」「やり方いろいろ太陽光発電実例集」(ともにパワー社)など。







確かに原発あるから、日本の電気代は安い。

ハワイ島では月一万円ぐらいが普通。と友人は言っていた。(私は払ったことがないから知らないんだけど)我が家では、ソーラーのシステムにするのに、百万ぐらいかかりました(パネル、コントローラー、インバーター、バッテリー等)。使う電気の量によってもっと安くでも出来るみたい。




d0154980_17483897.jpg

(ちなみに写真は見えにくいけど、家のソーラーパネル。実はmade in Japanの京セラさんの。日本からはるばるハワイ島にやって来ました。)



この辺の所が皆の迷う所。お財布ですよね~。

ハワイ島では15年たって元がとれる(電気代高いからね)という計算。それで太陽電池投資に踏み切れる人も多いみたい。実際の話。


でも、日本では実は費用2~3万円で簡単にソーラー発電が自宅でできるんです!!」
という説明会があるそうです。

http://bit.ly/gZhxTs 4月2日にも藤野で説明会あるよ~。

すごいね!日本全国で説明会やってほしいですね!




こちらでは電気無しで生活している人たちもいます。(太陽とともに生活する。その方が健康的な暮らし)。私も家を建てている間少し電気のない生活してましたが、やっぱり、子供が寝静まった後の、夜の自分の時間(本を読んだり~)はかなり貴重でした。で、電気さん。ありがとう~。という訳です。



まあ、これから地熱発電。の技術も発達して来たようですし。
実は水力、火力で、日本の基本電力が補えるということが、猫のタマが教えてくれる画像がありますよ。よかったら、どうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI&feature=related




やっぱり原発は要らない!ということですね。


これをきっかけに、皆が変わって行く時。
「目覚めなさい!」という警告を地球から、宇宙から、自然から貰ったんだね。どんなに原発がいけないことか、
作っている人たち、管理している人たち、オーガナイズしている人たちがどんな想いで原発を作っているかとという態度がこれですっかり明らかになったんだからね。


この警告をどんな形でとっていったらいいのか~。


変わって行くチャンス。自分たちでアクションをとるというチャンス。
という大きなチャンスを貰ったということなんだよね〜。


バシャール的にはblessing「恵み」らしいです。
バシャールいいわ〜。4回以上もこれ見ちゃった♪

http://www.youtube.com/watch?v=FlUarPe-vNk&feature=related
by eleelehina | 2011-04-01 04:56 | エネルギー

浜岡原発止めよう。原発ゼロ社会に向けて。

今まで署名いっぱいして来たけど、全然阻止出来てない原発の動き。


もう人間の手に終えない怪物だって言うこと。それを管理している人たち、政府も全然当てにならないってことは今回でしっかり分かったことだし。原発ゼロに向けて働いて行こう。何が出来るか?


名古屋で、「脱原発を歩こう!ストップHAMAOKAばれーど」始まりまったらしい。主催は女子高生2人。10:30に栄噴水前、パレードは11:00スタート。Ust中継、チャンネル7と8で。~
↑ツイッター情報。がんばれ〜!!私もパレードしたい。



後ほか何出来る???

とてもいい講演を見た。




元慶応大学の物理学専攻助教授・藤田祐幸さんのお話。 「始まりの始まり」2011 3 26 http://www.youtube.com/watch?v=3UAY2oXyInk


1時間28分。藤田ゆうこうさんの藤田さんの人柄に何となく惹かれた~。 原発の研究を長年していて彼が4年前に選んだ土地は長崎だった。その理由もこの講義の中で話されています。


時間作ってみてください。


大学時代。お城(当時はキャンパスがお城の中にあった)の近くに水野スウさんという女性が毎週水曜日に自宅を開放して、「紅茶の時間」という集会をしていて、よく自転車に乗って遊びに行っていたのをふとおもいだした。彼女は反原発運動やっている女性で、原発のはなし。(ヨウ素飲むと良いよ〜。)とか、健康な食生活啓蒙運動やっていた素敵なお母さんで、今ながら、彼女が教えてくれたことが、いま、皆がネット上で調べ合って、情報を得ようとしている。彼女の与えてくれた影響はいまでも自分の身体の中であ、ここだ〜。って感じることが出来る。ありがたい存在です。


調べたら、あった。スウさんのブログ
今度日本にいったらスウさんのところに遊びに行こう〜♪

http://www12.ocn.ne.jp/~mimia/sue.htm
by eleelehina | 2011-03-28 03:04 | エネルギー

エネルギー、キューバに習う。

エネルギーという言葉、きっと私は一日に10回以上は使っているでしょう。

ここはエネルギーがいい。悪いとか言った場のエネルギー。
食べ物にどのくらいのエネルギーがあるとか、
あの人はすんごく良いエネルギーだよね。だとか、


ハワイの人はエネルギーを「マナ」という言葉で表現していたり。。。。


我が家の旦那はエネルギーオタク。
ガソリン使わないように。。。と、ソーラー充電出来る、ゴルフカートをいきなり買ったり、(自転車でいいのでは???と思うんだけど。。。)
大工、太鼓たたきのミュージシャンの副業(趣味?)として、ソーラー発電用具の卸をやっていたり。。。普段のお話も、いかにサステイナブルなエネルギーを使えるか?という話題が非常に多い。


ので、我が家ももちろんソーラーエネルギー100%、シャワーお風呂の熱湯も100%ソーラー(そのうち薪のお風呂も導入したい)で頑張っています。少しの制限はある生活だけど、かなり快適です。クリーンエネルギー生活体験したい方、いらしてくださいね。ウェルカムです。


最近面白い記事を発見。最近知人の間でキューバ人に習おう!!!と語っている人たち多いです。
まだ行ったことのないけど、憧れの地。キューバ。

*****************************


猫コラム「原発のいらないキューバのエネルギー事情」
http://mikawaneko3.dosugoi.net/e9857.html




社会主義国キューバのちょっと興味深い取り組みについて紹介します。

1992年、キューバ・シンコフエーゴス湾に面した原子力発電所の建設がストップしました。

ソビエト連邦の全面的な協力の下、建設が進められた原子力発電所は、ソビエト連邦の崩壊とキューバの経済危機により、資金の調達が不可能となり、完成間近で白紙撤回となりました。


エネルギー政策の転換

お金不足やアメリカの経済封鎖で、石油や石炭などのエネルギー源の輸入ができない、ないない尽くしのキューバで原子力に頼らない新たなエネルギー計画が持ち上がります。

それは、地域で利用可能なバイオマス、水力、ソーラー、風力といった持続可能なエネルギー資源の開発です。


サトウキビの副産物から発電

キューバの主要産業は、サトウキビ栽培です。

サトウキビから砂糖を取り出した時、大量のガラがでます。サトウキビのガラのことをバガスと言います。

このバガスを発電に使用できないか?

近年注目されているバイオマスエネルギーの一例ですが、キューバのバガス利用状況は、郡を抜いています。

サトウキビから砂糖をとる製糖工場のほぼ100%がバガスによる発電で全エネルギーをまかない、

キューバ全体の電力エネルギーのなんと30%をまかなうまでに成長しているとのことです。

バイオマスエネルギーの占める割合がここまで高い国はキューバ以外にはないように思われます。


送電線の届かない山奥は水力、風力、ソーラー、なんでもござれ

キューバは医療大国、どんな小さな村でも診療所があり、また電気が使える状況です。

それには、無理に町から送電線をひくことをせず、水力、風力、ソーラー、とその場にある資源を有効に活用しているからです。

キューバのカストロがゲリラ戦を展開したシエラ・マエストロ山脈にある村では、キューバでは少ない山村という特徴を生かし、水力発電によって、全電力をまかなっているとのこと。

キューバでは貿易風が卓越していて、毎年一定の方向から一定量の風が吹きます。

これを利用した風力発電利用も海岸沿いの各都市では一般的なようです。

キューバの農村に行くと、農家の屋根に太陽電池が輝くのが見られます。

僻地は、太陽で発電。

電気量が天気に左右されるという不都合はあるものの、なかなか好調なようです。

自然のエネルギーは、田舎ほど効率がいいエネルギーになるようです。


薪は今でも重要な燃料源

世界のほとんどの地域では、今でも薪が貴重な燃料源です。

キューバでも、暖房、煮炊き、などなど、都市ガスが不足しがちな近年では、薪が主要な燃料源となっているようです。

日本でも近年、薪ストーブなどで薪のよさが見直されてきています。

薪ストーブ、薪での煮炊き。

風情があって環境にも優しくいいですね。

ただ一つ、現代において、薪はとても手に入れるのが難しいという問題があります。

原料となる木ですが、

キューバではおもしろい試みが行われています。

地区の住民が必要だと思えば、どこでも木を植える申請をし、許可が下りればどこでも木を植えていい。

土地所有ができない社会主義国独特の制度ですが、この制度のおかげで、町は森に包まれ、燃料の薪も至るところで生産できます。

かつて武蔵野を覆った雑木林に通じるものがありますね。


エネルギー問題は、やる気で解決できる

電力会社は危険な原子力発電所の必要性を強調しますが、代替エネルギーの問題は、一般の人が考えているより進んでいます。

石油がなくなれば原始生活に戻るという考えは、もう古い。

世界各地で新たな試みが行われています。

日本も危険な原発に頼らず、もっと自然でクリーンなエネルギー源づくりに取り組んでほしいものです。


***********************************

まえまえからオーガニック大国。キューバとして注目されていましたが、
(ソ連からの肥料の援助が打ち切りとなったため、災いが福と転じて、安全な食事と農を維持しているオーガニックモデル国)エネルギーも然り。

************************************

マイミクのキューバの踊り、唄も歌っている熱いM嬢の日記より。
(面白いから勝手に載せちゃった〜。)


やっぱりいまや、日本を「ちょっとキューバ」にすべきだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★水は一日のうちの分を決めてそれ以上使わせない
★電気は「計画停電」だと逆に困るから、電気も一日のうちの分を決めて
それ以上使わせない。
★ネオンいらん!
★コンビニ24時間いらん!
★スーパー24時間いらん!
★電車の暖房と、電車の電気一番いらん!
★レジ禁止、たまにお釣りを間違えるくらいにさせる。
★駅のエレベータ、エスカレータはあったほうがよい!
(老人や、ベビーカーがとっても困るので)
★自転車タクシーが流行するようつとめる!
★マキナ(タクシー)出向!(どこまで行ってもまっすぐな道なら500円で相乗りもOKとする)
★暑かったら海に行く。
★本当に暑かったらホテルで涼む。
★寒かったら人肌。
★好きになったらすぐ結婚する。
★ヒッチハイク推奨!
★たまに牛乳や卵がないくらいあたりまえにさせる。
★コーラもファンタも缶ビールも水もどれもわかりやすく100円。
★つってきた魚や海老を団地を回ってそれぞれに売ってよい
★色々な屋台を出す。
★物々交換が流行。
★様々な悩みは踊って解消
★様々なストレスは歌って解消
★家族第一。ご近所みな友達。でもモノが無くなったら家族を一番に疑え。
★いやになった?そっか、離婚しよう。

とてもエコ。
とても経済的。

二ヶ月やれたら、相当電力とか抑えられるしね。


ただし。





海外脱出のために「策」を練る。
までしたたかにマネしちゃならん。。。。
(ゴムボートの話じゃあないよ)



それ以外。本当に今の日本に大事なものに感じています。マジで。

今日スーパーの電灯が暗くてシーンとしてたとき、懐かしかったもの。

あれくらいでいいんだよ。
なんか集中して買い物できるし。静かで何より。



あたしは卵も牛乳もなかったキューバでの生活が今とっても懐かしいもの。

素敵だったな~と心から思うもんね。

*************************************


みんな本気になれば、原発要らない。


(私もアフリカのアンゴラに住んでいた時は、もちろん電気無し。井戸水生活。水道ももちろん無し。マーケットももちろん電気無い。野っぱら市場でしたからね。ある意味キューバを超越していたのかも。。。。でも、毎日が楽しかったな~。醤油とかも2ヶ月に1回、国連軍からの流れもので市場にいきなり出没したりするから、見つけた時大興奮で、ある意味普通の市場も狩りみたいな感覚で、楽しかった。。。)


物が無いのも、以外と楽しい。



日本キューバ化計画、大賛成!!!

皆で楽しいクリーンエネルギーライフスタイルを考えて行きたいね~。

我が家の近所のジャングルではアメリカ人として、サステイナブルな生活を選んで、クリーンなエネルギー生活をしている人が結構いるけど、国家単位でやってるキューバは凄いよね。ますます行ってみたくなっちゃった。
by eleelehina | 2011-03-22 05:24 | エネルギー


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧